OTOPE order shoes new model

 

otope2

 

~ 靴作りを始めるきっかけになったのはアメリカやヨーロッパの 1930~1950年代の靴。
デザインやパターンではなく当時の木型を理解し シルエットやフォルムを近づけ、より洗練されたものを。
   さらにフットベッドという機能を持たせて ~

OTOPEはオーストリアのマイスターから靴作りを修行した佐々木基行氏が立ち上げたブランド。

矯正靴技術者2人による解剖学を基礎としたfoot bed入りの靴を制作。

 

ご紹介が送れましたが、OTOPEからつっかけが新しく登場しました。

dscn1822dscn2242-2

 

アッパー、トップカバー、フットベット&インソールの巻革、ビルケンのアウトソールをお選び頂きオーダーが可能です。

アッパーにオススメな、インパクトある素材をご紹介します。

 

dscn2307

こちらはミンクファーになります。

ミンクファーは毛足が密生して保温性、保湿性、放湿性に優れており、皮が薄くて軽く

柔らかく耐久性も抜群で、丈夫で長持ちします。

色は2色ございます。

 

dscn2301

こちらはアザラシのファーです。

アザラシは寒冷地に住んでいるため毛の密度が高く、上品でソフトな手触りが特徴です。

ゴマフアザラシの毛皮は、部位によって斑の柄が異なるので、様々な表情を見せてくれます。

dscn2299

珍しい革が新しく登場しました、”オットセイ”の革です。

シールスキンと呼ばれる革で、厚みがあって丈夫という特徴があります。

シールスキンの表面は、頭のほうから尾にかけて波のようにうねっています。

アザラシの革よりも上質とされている価値の高い革となっています。

dscn2300

OTOPEではすでにお馴染みでしょうか。

エレファントはストラップシューズのオーダーでも人気の革。

まず、希少なのでなかなか見られません。

ゾウのイメージ通り耐久性があり、摩擦にも強いのが特徴です。

コシがあり、独特なシボの触り心地。

色がブラック、チャコールグレーがありどんな色にも合わせやすいでしょう。

dscn2296続いてヘアカーフを。生後6ヶ月以内の子牛の仔牛の毛付革で、とても柔らかいのが特徴です。

カラーバリエーション豊富に揃っています。

 

dscn2247

dscn2244dscn1823

フットベット&インソールは定番のストラップシューズと比べると

1周の巻革なのでどの角度からでも綺麗な層が見られます。

 

dscn1824

アウトソールはビルケンシュトックのソール。

ビルケンシュトックはドイツの靴メーカー。

履いているうちに使用者の足形になじむようになっていて”健康サンダル”とも呼ばれるほど。

全くストレスがなく履いていただけます。

是非、オーダーいかがでしょうか?

 

実は、まだローンチできないモデルも進行しております。


2/17のVase10周年を記念しましてオーダー開始予定です。お楽しみに !

 

Vase
1-7-7 Kamimeguro Meguro-ku Tokyo 153-0051
03-5458-0337 
info@vasenakameguro.com 
ONLINE SHOP

入荷情報はこちらで日々更新しています。
facebook
instagram

今後のイベントスケジュールはeventからご確認ください。
Vaseに併設しておりますgallery “baraque”はレンタルスペースとしてリースを行っております。
詳しくはお問い合わせください。