14 th anniversary と Vase tokyo.移転リニューアルオープン & gallery BLANCオープンの お知らせ 

    phonto

    Vase tokyo.は、本日14歳の誕生日を迎える事ができました。

     

    14年間のお客様を改めて振り返ると、

    パートナーができ、結婚し、子供が産まれた方

    新しいパートナーとの出逢いを積み重ねていらっしゃる方

    何も変わらず14年間シングルを楽しんでいらっしゃる方

    引越しをされても遠方から定期的に通っていただけている方

    online shopで定期的に買い物していただける方

    最近行けてないけどSNSはチェックしている方 などなど

    14年間の様々な人間模様を垣間見ることができて、改めて歴史を実感しています。

     

    これからもVase tokyo.へ来店いただける方々はもちろん、最近通い始めたお客様も今後の人生の移り変わりをじっくりと拝見させていただきます。
    洋服を買いに来ていただけているとは思いますが、人生相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

     

    話が外れましたが、そんな多くのお客様、各ブランドのデザイナー、取引先の方々に支えていただき迎えられた14周年だと思います。
    本当に本当にありがとうございます。

     

    そして !

    14年目のスタートにあたりお知らせがあります。

     

     

    Vase tokyo.は来たる3/13日(土) new moon に移転リニューアルオープンいたします!

     

    場所は

     

    現Vase tokyoの左隣⇦ (徒歩2歩です。笑)

    現Vase tokyo.と同じく築70年の2階建の古民家を改装し、売り場面積は約2倍に拡張します。

    内装はKii inc.によるデザイン。
    Vase tokyo.の空気感は残しつつ、より洗練された空間になります。

    来たる3/13(土)のオープニングは、特にレセプションパーティーと言うものは行いませんが終日ドリンクをご用意して皆さまご来店をお待ちしております。

    今後ともVase tokyo.をどうぞご贔屓に!

    IMG_8628 IMG_8630

    《Vase tokyo.》

    東京都目黒区上目黒1-7-7  (現Vase tokyo. 左側の2階建の古民家になります)

    ※住所、電話番号の変更はございません
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .

    また、

    現Vase tokyo.は同じく3/13(土) new moon に、

    レンタルスペース “gallery BLANC” (ギャラリー ブラン)として生まれ変わります。


    IMG_9041


    中目黒駅から徒歩1分。
    目黒川沿いに佇む築70年の片流れ屋根の古民家が “gallery BLANC ” へと生まれ変わります。

    BLANC (ブラン)=白。
    はじまり、輝き、可能性、成功、夢。

    アパレルの展示会、グループ展、look撮影、pop up shop、フリーマーケットを始め、写真や絵などのアート作品展、飲食のイベント等様々なシーンでご利用頂けます。

    また、学生の方々、独立して間もない方々へは特別プランをご用意しております。
    別途お気軽にお問合せください。

    gallery BLANC
    〒153-0051
    東京都目黒区上目黒1-7-7 (Vase tokyo. 併設)
    galleryblanc.info@gmail.com
    instagram@gallery_blanc

    今後は、色々な方々に使用いただく事で様々な空間に変化して行くと思われます。
    新しくなるVase tokyo.と共に、gallery BLANCもどうぞご贔屓に!
    .
    .
    .
    .
    .

    2店舗同時オープンとなる3/13(土)には、スペシャルな企画も進行しています。

    Vase tokyo.を約4年間一緒に盛り上げてくれた相川龍之介氏がデザイナーを務めるRANDYの洋服と、

    パリの数々のミシュラン星付きレストランの食器を手がける Ceramichi のmichiko sekiが手がける初のボタンのコラボレーションコレクションを発表します!
    .
    .
    .

    Ceramichi x Randy =  Cerandy  

    Limited  collection  (Vase tokyo. Exclusive)

     



    商品の詳細は後日SNSで告知していきますのでチェックしてみてください。
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    それでは15年目を迎えたVase tokyo.を今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    TISCAR ESPADAS

     

     

     

    2020 春夏。ちゃんと紹介する前にあっという間に店頭からなくなりましたTiscar Espadas(ティスカーエスパダス)。
    IMG_0965
    スペイン人の彼女は、ロンドンを拠点とするファッションデザイナー。と言うよりはアーティストと言う方が正しいかも。
    バーバリーの奨学金によりマサチューセッツのロイヤルカレッジオブアート メンズウェア科を卒業した後、2019年にスタジオを設立。


    ファーストコレクション「CAPITULO 1」を発表しました。 このコレクションはbig design awardのファイナリストにノミネート。
    .
    .
    .
    因みに前回Vase tokyo.で紹介しましたこのコレクションは卒展の作品になります。
    .
    .
    僕自身、洋服の業界に4半世紀以上いるため、正直なところ洋服をみて感動をする機会が減ってきているのは確かです。
    .
    .

    そんな中、見た彼女のクリエーションの高さには驚きました。
    久しぶりに洋服を見てそれまで忘れかけていたワクワクする高揚感や感動,感銘を覚えました。
    わずか10型ほどの小さいコレクションでしたが、自分の中で消化するのに約3時間の時間が必要でした。
    .
    .
    デザインから型紙、縫製まで全ての工程を彼女自身の手で仕上げ、
    ある物語の登場人物が着ている服がデザインのコンセプトになっていて、スペインの伝統衣装にも通じるエッセンスを感じます。
    .
    .
    ギミックのあるデザイン、立体的なパターンで構成される洋服はクオリティが非常に高く、着る人の発想で自由な着方ができる様に仕上げています。
    .
    .
    当然といえば当然でしょうが、そのコレクションは欧州の様々なメディアで話題を集めイギリス、スペインの様々な美術館やギャラリーで作品が展示されました。
    .
    .
    .
    .
    2020年6月、ロンドンファッションウィークの一環として「CAPITULO II first act」を発表。
    「CAPITULO 1」に比べ、良い意味で、より洋服となった今回のコレクション。
    .
    .
    もちろんVase tokyo.には前回よりも多くの型数が2021年早々に店頭に並ぶ予定です。

    IMG_6796 IMG_8008 IMG_8009 IMG_8010 IMG_8011 IMG_8012

    アイテムの詳細は、instagramのハイライト2021SSにupしていきますので是非ご覧ください。
    入荷待ちをご希望の方々もすでにいらっしゃいます。気になるアイテムがありましたらお問合せください。

     

    今後間違いなくVase tokyo.のメイン取り扱いブランドになっていくTiscar。

    売れて欲しいけど売れて欲しくないブランド。Vase tokyo.に通っていただいているお客様に是非おすすめしたいんだけど、売れずに店頭に並んでいて欲しい洋服。メジャーになって欲しくないけど認知度がどんどん上がっていくデザイナー。

    そんな複雑な心境のブランドTiscar Espadas。

     

    まだ20代の彼女はまさにgenius。すぐにでもメゾンブランドのデザイナーにもなれる素質を持っていると思います。

     

    facebook
    instagram

     

    Omar Afridi

    数多くの有名老舗ブランドを抱えるロンドン。伝統の精神を保ち、クラシックでありながらも新たな進化を恐れないモードなロンドンファッションは魅力的なモノばかり。

    そんなロンドンを拠点に2人の日本人がデザイナーを務めるブランドOmar Afridi。

    IMG_6255

    創業者であるオマールが2017年に同ブランドの前身であるレオン・バラを立ち上げ、3年間ほどロンドンをベースに活動。2019SSからは武蔵野美術大学で空間デザインを学んでいた市森天颯がオマールに才能を認められデザイナーとして参加。2019AWからは市森氏の友人である菊田潤が参加し、ブランドコンセプトを改め、創業者の名を冠した現ブランドに一新する。

    コンセプトは”Inspired by Human Striving and Achievements”
    クリエーションを通してクラフトマンシップとマテリアルの関係性を追求しています。

    創業者オマールのルーツでもあるアフガニスタン、アフリカの民族性など様々なインスピレーション源から完成するOmar Afridiの洋服はクラシックでありモードでもあると感じられます。

    IMG_6248 IMG_6257

    Vase Tokyo.では2020AWコレクションからreversible fringe knitとleather jacketをオーダー。

    A71D4B19-8E3E-4E5E-A490-7DF11E4FC24E

    ONLINE SHOPにもUP しましたので是非ご覧ください。

    facebook
    instagram

    Hermès craftman Tuareg jewelry

    phonto

    Vase tokyo.の13周年企画として、Hermèsのジュエリーを手がける 

    ” アフリカの砂漠の民  Tuareg族 “

    にスペシャルオーダーをしましたブレスレットとリング。
    IMG_1334
    IMG_1347

    おかげさまで、前回の入荷分はかなり多くの反響をいただき完売していましたが、近日中に再入荷が決まりました!


    しかも今回は7days ring に加え、新型の12months ringも入荷します。
    その昔、Tuareg族のカレンダーとして使用されていたという7daysリングをより現代版にアレンジした12months リング。
    今回のデザインも異素材のコンビネーションになります。


    7 daysも今回の入荷から12month 同様、留め具のシルバーが太く変更になりデザイナーのホールマークも刻印されようになりました。
    よりスペシャルなリングへ進化しています。
    02ed2f1f-be9b-4c85-bd33-68d99967b589

    3e23ccd4-5e5f-4584-90dc-ee5b76955c2a

     

     

    スプーンの柄を曲げたようなデザインのこちらのバングルとリングも、前回同様異素材のコンビネーションで、両面に彫りが入るスペシャルな仕様になります。

     

    83061c25-3727-424d-9a7d-4bb583789a13 d34291bc-2345-48c3-ace0-a34d706cd31a

    入荷予約も受付していますので気になる方はお問合せお待ちしております。

    facebook
    instagram

     

    TIMNEY & FOWLER

    d0179060_15261612

    Vase tokyo.に長く通って頂けている方々は、目にされた記憶があるのではないでしょうか?

    そう久しぶりにあのTIMNEY & FOWLERの貴重な商品を販売することになりました !

    かれこれ7,8年ほど前でしょうか。CLASSのコレクションで発売されましたTIMNEY & FOWLERのヴィンテージファブリックを使用したベストやショーツ。今でも大切に愛用しています。

    懐かしい写真が出てきました。
    d0179060_15281297 d0179060_15282081

    Exif_JPEG_PICTURE

    Exif_JPEG_PICTURE

    あれ以来の発売なので懐かしい方も、新鮮な方も、またTIMNEY&FOWLERってなに?って方もいらっしゃると思います。

    そんな方のためにスペシャルなそのブランドをまずは紹介しておきます。

     

    TIMNEY & FOWLER
    ロンドンのテキスタイル・デザイナー、Sue Timney(スー・ティムニー)とGrahame Fowler(グラハム・ファウラー)とのコンビがTimney Fowler(ティムニー・ファウラー)。

    80年代のポスト・モダン デザイナーの一人で、テキスタイル・デザイナーと称していますが、彼女の美意識はテキスタイルを超えて、インテリア、雑貨、ファッション、ライフスタイル….様々な分野にいたるまで及んでいます。

    ポストモダンとは、1920年代にさかのぼるモダニズムのご本尊《バウハウス》以降、機能性のみで構築されるようになったデザインへの反動として、80年代に起きた、「不必要な遊び」や「装飾性」や「有機的曲線」を取り込んだデザインのムーヴメント。
     
    ポストモダンで、まず代表されるのは、イタリアのインダストリアル・デザイナー、Ettore Sottsass (エットーレ・ソットサス)が、80年代に起こしたMemphis(メンフィス)で、ポップでキッチュな「遊び」をデザインに持ち込んだもの。 
    Vase tokyo.店内にもその生地を使用した椅子、クッション、ハンカチ、椅子などが並んでいます。
    こちらのファブリックパネルも。
    IMG_4699
    そしてAlessiのデザイナーで知られる、フランスのPhilippe Starck (フィリップ・スタルク)も同じデザイナーの一人。 

    この彼らイタリア系ポストモダンが「陽」だとしたら、当時現在以上に深刻な不況・失業・産業構造崩壊を抱えていたイギリスでのムーヴメントは、もっと暗い「陰」の遊びの要素。

    CLASS_d0179060_15345927.jpg

    さて前置きが長くなってしましましたが、今回入手したファブリックはそんなTIMNEY&FOWLERの貴重な80’sデットストック。ANGELです。

    IMG_4610

    その生地を使用し軍もののスリーピングシャツをヒントに半袖シャツをデザインしました。
    IMG_4763

    前後で生地を切り替え、後見頃のみ同じくTIMNEYのボーダーの生地を。
    IMG_4781
    また肩のボタンはこちらも貴重な50’sのフレンチの丸ガラスボタン。
    IMG_4789

    TIMNEY&FOWLERの世界観は、80年代の現実の「モダニズム社会」の行き詰まりを、古典主義的装飾、バロック的装飾、ゴシック的装飾の幻想を持ち込むことによって、忘れ去ろうとしていたかのように思えます。 

    ファッション関係者、ポストモダン好きな方々にはマストアイテムと言えるでしょう!


    ONLINE SHOPにもUP しましたので是非ご覧ください。
    http://vasenakameguro.shop-pro.jp/?pid=151909338

    facebook
    instagram