shimada shinpei grass works trunk show

    懐かしいと思っていただいている方は10年間Vaseに通っていただいている方々です。

    約10年前にVaseで展開していましたガラスのリング。

    島田さんに久しぶりにアポイントをとり今回のイベントが実現します。

     

    SHIMADA SHINPEI GRASS WORKS TRUNK SHOW

    5/15(火)~5/31(木)

     

    今回は久しぶりのパイレックスガラスのリングの他、照明、食器、グラスがなんと約100点並びます。

    もちろん全て1点もの。15,16の2日間は氏も在廊されます。

    素晴らしいアート作品をご覧ください!

     

    初めての方も多いと思いますので島田さんの紹介を。

    島田 真平

    1975年 熊本県熊本市生まれ

    熊本に現存する島田美術館は、昭和52年1977年)に開館。
    熊本城顕彰会常務理事、武蔵会会長を務めた島田真富が宮本武蔵の研究、資料収集に尽くした事により、宮本武蔵の遺墨・遺品が充実している美術館として有名。

    氏は、島田美術館館長の息子であることもあり、幼い頃から様々なアートに触れてきた。
    現在は、制作公開展示やガラス工芸の楽しさを広く伝えるため、教室を開講する。
    国内外の作家仲間も招待し、ワークショップの開催や技術の交流にも積極的。

     

    ガラスの持っている特性を最大限に生かしたもの創りを心がけています。
    無理のないベーシックな形でクオリティーを高めてゆくことが、ガラスを見る方達に
    新鮮な感動を与えると信じて日々挑戦しています。

    熊本県立大津高校美術コース卒
     
    1996 佐久間正二氏(琉球ガラス作家)の下ガラスを始める
     
    1998 富山ガラス造形研究所入学 ブライアン・パイク氏(米国)に師事
      日本のガラス次世代展入選  2000年卒業
     
    2000 MC GLASS LAB 講師(東京) 
      Pilchuck Glass School 受講(米国)リチャード・ロイヤル クラス
     
    2001 雲仙ビードロ美術館 glass studio BLOWMIN にて制作を始める
     
    2003 日本クラフト展入選
     
    2004 コントラスト デザイン&グラスワークスとして独立
     
    2006 酸素バーナーを使ってパイレックスジュエリー制作開始
     
    2007 島田美術館別館での制作開始
          長崎県立美術館に作品収蔵
     
    2013 島田美術館での制作公開終了
     
    2014 熊本市中央区に新たに工房を建て制作を再開
     
    2014 第32回くらしの工芸展 グランプリ熊日賞 受賞
    2015 ジ・ウザテラス(沖縄読谷村) 室内オブジェ等制作

    IMG_0516 IMG_0517 IMG_0518 IMG_0519

    Vase
    1-7-7 Kamimeguro Meguro-ku Tokyo 153-0051
    03-5458-0337 
    info@vasenakameguro.com 
    ONLINE SHOP

    入荷情報はこちらで日々更新しています。
    facebook
    instagram

    gaby 追記

    連日多くの方々のご来店、多くの方々からのお問合せありがとうございます。

    今回も予想通りブレス、リングに人気が集中しました。

    現在店頭にはネックレスが残っております。お探しの方は是非ご来店&お問い合わせください。

    IMG_0084 IMG_0085 IMG_0086

    本当に嬉しい事に多くのお問い合わせをいただけるのですが、なんせgabyに関しては今後は正直分かりませんとしか言えません。

    なので、次の入荷はいつですか?どのくらい何が入りますか?と言ったたお問合せにはお答えしかねます。

    通販のご希望も多くいただいておりますが、店頭販売を優先とさせていただいており地方の方々には申し訳ございません。
    店頭にいらして入荷待ちをされている方々だけでも相当な人数になっている状況です。
    (もちろん通販をご希望の方を入れると、とても皆さまにお買い上げいただける人数ではありません)
    状況のご理解をどうぞよろしくお願いいたします。

     

    ただこのまま店頭のみで販売して行っても地方の方々へ購入いただく事は不可能になってしまいます。

    全て1点ものでサイズもバラバラになりますので、できれば実際手に取ってご覧いただければと思います。

    そこで次回の入荷から私が地方へ出張して販売できないかを模索しております。

    次回はまず福岡が候補地になります !

    その後入荷の際には都市を変えて出張していく予定です。

    まだ詳細は未定ですが、ここで販売して欲しいなどのご希望があればリクエストお待ちしております。

    Vase
    1-7-7 Kamimeguro Meguro-ku Tokyo 153-0051
    03-5458-0337 
    info@vasenakameguro.com 
    ONLINE SHOP

    入荷情報はこちらで日々更新しています。
    facebook
    instagram

     

    gaby – archive collection –

    前回の入荷の際には、お問合せをいただいておきながらご購入いただけなかった方々も多数いらっしゃいました。

    大変申し訳ございませんでした。

    そんな方々の為に今回は特別に在庫として所有していたアーカイブコレクションを送ってもらう事ができました。当然、中には非常にレアな型もあります!

    明日5/6(日)の12::00から店頭販売をスタートします。 

    (ONLINE SHOPでの販売はしておりません)

    ただしフォーク、バターナイフのブレスは殆どありません。ご希望の方々は次回の入荷をお待ちください。

    また今回も数が限られており早めの完売が予想されます。

    お探しの方はなるべく早めにご来店ください。

    それでは明日5/6(日)多くの方々のご来店をお待ちしております !

    DSC02407

    その他下記注意事項もご参照ください。

    ※お支払いは現金もしくはクレジットカードがご利用いただけます。

    ※明日5/6(日)は店内が非常に混雑が予想されますので、申し訳ございませんが入店を制限させていただく可能性があります。店外にてお待ち頂く事になる可能性も高いので、くれぐれも熱中症対策をしてご来店ください。

    ※もし明日5/6(日)のオープン前に並ばれる方は近隣の住民や店舗の方々に迷惑にならない様にVase正面の川沿いにアロハテーブル側へ順番にお並びください。

    ※お取り置き、入荷ご予約等はお受けしておりません。

    ※通信販売も受付しておりますのが、お問合せが殺到おり今回も店頭にてお買い上げいただける方々を優先とさせていただきます。

       明日5/6(日)の夜に残っている商品の画像を送らせていただきますので通販をご希望の方はご連絡ください。

    ※明日5/6(日)はお電話のお問合せには対応できかねます。メールのお問合せも返信にお時間を頂戴します。

    ※転売を目的とした購入はお断りしております。

    以上、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

     

    Vase
    1-7-7 Kamimeguro Meguro-ku Tokyo 153-0051
    03-5458-0337 
    info@vasenakameguro.com 
    ONLINE SHOP

    入荷情報はこちらで日々更新しています。
    facebook
    instagram

    CECCHI DE ROSSI

    本日は今シーズンから新しく取り扱いをスタートしましたイタリアの貴族が展開する革小物のブランドを紹介します。

    CECCHI DE ROSSI 一族は、古くは CECCHI 家と DE ROSSI 家が一緒になった家系。

    イタリア:トスカーナで有名な FIRENZE より西に 30 分ほどの山と緑の深い PESICA(ペーシャ)に一族は居を構えます。
    近年まで、タンナーとして有名な GUIDI 社も同エリアにアトリエを持っていたなど 革産業にたずさわる中では知られた土地です。

    一族は山を所有し、ブドウ畑=ワイナリーの経営を主としています。

    山には一族の住居もさることながら、夏場のゲストハウスなども運営。

    その山の一角に、CECCHI DE ROSSI ブランドのアトリエも存在します。

    スクリーンショット 2018-04-25 19.29.50スクリーンショット 2018-04-25 19.29.57

    靴の LAST のように、デザインする形になっている“木型”を使用し、 革を成形する“モールド製法”により革を曲げ、固定させる。

    革の産地で有名なトスカーナの革:バッファローのバケッタをメインに、 ブランド用に植物天然鞣しを施した革を用いて、革を水で濡らし、LAST を用いて伸ばす=成形する、乾かす、の一連の作業を繰り返し、 形を作っていきます。

    一部カーブの部分はフラットに張り合わせており、原型自体には縫製は存在しません。 

    スクリーンショット 2018-04-25 19.30.01

    一族で生産するワインを主原料に使用した、国際特許を有する染色:ペレヴィーノトリート メントにより染められます。

    毎シーズン展開する色目によって、赤、白、ロゼを使い分け染料を作り上げます。

    モールド製法で形作ったデザインは、無縫製という独特で強いデザイン性を持ち合わせる 反面、その製造工程で革本来の持つ油分も飛んでいくのに等しくもあります。

    ダイイングと呼ばず、トリートメントという名称からも察せるように、 ワイン原料のタンニンが作用することで、染色しながら再びタンニンにて鞣しているに等 しい、非常に理にかなった成形と染色と言えます。

    スクリーンショット 2018-04-25 19.29.52

    シーズンごとに展開する色目も、天然の草木、果実、香辛料などから摘出。 100%天然由来の染料、染色技術です。

    ORANGE=オレンジの革より
    GREEN=クロロフィルの葉より
    NATURAL=白ワインのままに
    PINK=ロゼワインを主にして

    など、天然の皮革にとって優しい染色。 バケッタ特有の染色のムラ、個体差も、ブランドの特徴になっています。

    今シーズンのVaseでの取り扱いは鞄、財布、ネックレス、椅子の4型。

    DSC03140DSC03166DSC03152DSC03159

    DSC03170

     

    Vase
    1-7-7 Kamimeguro Meguro-ku Tokyo 153-0051
    03-5458-0337 
    info@vasenakameguro.com 
    ONLINE SHOP

    入荷情報はこちらで日々更新しています。
    facebook
    instagram

    Lesca Lunetier TRUNK SHOW

                      3/23(金)~4/1(日)

     
    久しぶりにレスカのトランクショーを開催します!
    今回の内容はもちろん全てヴィンテージ。
    人気のクラウンパントに加え、初の丸フレーム、要望の多かったリーディンググラスをご用意しました。
    明日からは天気も良く絶好のお花見日和になりそうです。
    Vaseは花見期間中は営業時間を夜中まで延長しております。
    interview-19_lesca_17french-glasses-60s_eyecatch17457644_1150467578412448_3597694286434801926_n
    Lesca Lunetier
    「”French Heritage” フランスの伝承」と自らの活動を位置づけるレスカ家によって設立されたアイウェアブランド。
    20世紀初頭から、眼鏡の産地として名高いフランスの“ジュラ地方”でメガネに携わってきた一族は、1964年、オリジナルブランドの「レスカ・ルネティエ」を立ち上げた。
    ブランドの2本の柱は、過去から収集してきたデットストックのリアルヴィンテージの膨大なコレクション。
    それに加え、ジュラ地方に根付いた一族ならではの、様々な職人との信頼関係による結びつき、代々受け継いで来た金型や機械など、昔ながらの設備から生みだす伝統的なフレームの数々がもう一方の柱になっている。
    デットストックのヴィンテージコレクションは1950年代から1970年代にかけて製造され、未完成品として倉庫に眠っていた貴重なプロダクトを、自らの手で完成させ、リアルヴィンテージとして再生させた意欲的なコレクション。
    ブランドの象徴とも言える1点もののコレクション「ヴィンテージコレクション」を世に送り出した。
    今回の入荷はこの貴重なデットストックのヴィンテージコレクションです!
    クラウンパントに代表されるリアルヴィンテージが蘇る様は、まさに芸術そのもの。
    伝統的工法を大切にしつつ、職人たちの手によって一つ一つ作られたフレームは秀逸。
    お花見ついでに是非お待ちしております!