Pierre Cardin その2


    Pierre cardinと聞くと、日本ではライセンス商品が羅列された時代がありイメージ的に良くない方も多いのは事実。

    ただパリのSant-Honoreの本店は別格です。

    cardinは1946年、クリスチャン ディオールの独立時立ち上げに参加。
    47年ディオールのコレクションで話題となった「ニュー・ルック」で、カルダンはタイユール(テーラード仕立て)のアトリエ主任として参画した。
    ちなみに当時のディオールのメゾンには、イブサンローラン、ギ ラロッシュがいた。

    50年より自らのアトリエを開始し、1953年にはオートクチュールを始める。

    自らの前衛的なスタイルでオートクチュールのブランドを立ち上げ活躍。

    素晴らしい時代を築き上げた巨匠は、今なお自らデザイナーとして活動し本店には彼のデザインした洋服が所狭しと並んでいます。
    IMG_0419

    前日に時計に巡り合えた事もあり、調子に乗った私は今回の出張の最大の目的でもあったそのSant-Honoreの本店にダメもとでホールセールをお願いしに行く事にしました。

    入るや否や、恐る恐るホールセールの相談をすると完全に門前払い状態 泣。

    それもそのはず、いきなり店に入ってきたアジア人からいきなり卸売りしてくれと言われてすぐにOKとはならないですよね。

    それでも食い下がらない私は、細かくVaseというお店のこと、pierre cardinが1970年代にデザインした時計が好きで数年に渡りデットストックを仕入れしていること、本店の2階にはお宝が眠っていることを知っていること…などなど話をしました。

    すると、どんな商品を仕入れしたいんだ?と向こうから。

    え?まじ?
    えっと、ジャケットが欲しいんです。

    しょーがないなー。じゃあ明日用意しといてあげるからまた来れる?

    という事で翌日にお店に行くと、なんとVIPしか上がれない2階のフロアへ上げてくれ、しかも広大なストックルームにまで案内してくれました。

    という事で、幸運にもpierre cardin初の日本への卸売りはVaseが獲得することができました。

    John、本当にありがとうございました。大切に販売させていただきます。

    cache_Messagep41699

    今回仕入れしましたジャケットは、日本人で初めて特別に入る事が許されたその広大なストックルームに眠っていた1980年代の貴重なヴィンテージ。

    ただしcardinが長年に渡り定番として細かくリモデルしているジャケットになります。
    IMG_0839

    IMG_0786 IMG_0788

    IMG_0838 IMG_0795 IMG_0796 IMG_0800

    IMG_0837IMG_0801

    画像ではなかなか分かりづらいかもしれませんが、肩幅が広く裾が狭い逆三角形。

    真横に入るベンツ、かたのイセ込みは通常のジャケットの逆と言ったアバンギャルドを得意とするcardinならではのパターン。

    しかも80年代のヴィンテージという事もあり、どれも素晴らしい生地ばかりです。

    是非店頭で袖を通してみてください。

    IMG_0727

    facebook
    instagram

    pierre cardin その1

    パリ、マラケシュお出張から戻り、しばらく時間があいてしまいましたがまた更新していきます。

    今回は非常に実りのある出張でした。
    パリではファッションウィークが開催されて居る中、ほぼ展示会場には足を運ばす 笑。
    ひたすらブラブラ歩いていました。
    今回のネタは数回にわたりご紹介していきます。

    まずは、今回も幸運な事に1970’sのdeadstockの状態のpierre cardinの時計に出会うことができました!
    しかもオーバーホールも済みの完品のみ。

    1971年から3年間に渡りcardinがデザインした時計は26デザイン。その中の4デザインになります。とくに人気のモデルのみになります。

    IMG_0396 IMG_0395

    写真で気付かれた方もいらっしゃるかも知れませんが、一番左のモデルはドライビング用になりベルトが変な位置に付いています。

    ハンドルを手にした状態でも時間が見えるように、付けるとこんな感じ。

    IMG_0809

    こちらの時計は既に店頭に並んでおります。素晴らしいデザインを是非ご覧ください。

    facebook
    instagram

    1970’s pierre cardin deadstock watch

    ちょうど1年くらい前に、個人的に愛用している1970’s のデザインウォッチを紹介しましたが、また最近物欲が湧いてきましたので改めて紹介していきます。

    中でもやはり当時のpierre cardinのデザインは特に最高で、今でもこのデザインを越える時計はなかなか見つからないと個人的には思います。

    当時約3年間に渡りジャガールクルト社の前身ジャガー社の協力のもとムーブメントを使用し作られた26デザインのpierre cardin。

    この貴重な時計を数年に渡り数本ですがデットストックの状態で仕入れてきました。

    どのデザインをとっても文句無しなのですが、26デザインの中でも実際目にしたことのないデザインも中には。

    どうしても26本全てをコンプリートしたい衝動にかられてきました。

     

     

    IMG_1071 IMG_1070 IMG_1069 IMG_1068 IMG_1067 IMG_1066 IMG_1077 IMG_1076 IMG_1075 IMG_1074 IMG_1073 IMG_1072

    高級腕時計といえばROLEX,OMEGAなど資産価値としての時計を収集される方が多いのが事実。恐らく世界シェアの99%以上がこの手の資産として購入されるケースだと思います。

    最近ではi-phoneで時間を確認される方も多く、腕時計自体の需要が減っているようにも思えます。

    ただその方々の中には、なかなか欲しい時計が無いんです。という声も良く耳にします。

     

    今回紹介するこのpierre cardinは、資産としての価値もほぼ無ければ、秒針もありません。よって時間は約何時くらいしか分かりません。

    分刻みや正確な時間を知りたい方には全く意味の無い時計です。

     

    しかし、デザインは世界一です。

    しかも、前にも書きましたがムーブメントはあのジャガールクルト社の前身の会社ジャガー社のものです。つまり中身は高級時計なのです。

     

    資産価値よりもデザイン。ブランド名で物を買うよりもデザインで物を買う。時計よりもブレスレット。Majorityよりも Minority。

    探していた物や自分がここにはある気がします。

     

    9末から久しぶりに時計探しの旅に向かいます。気になる方はお問合せください。

    Pierre_cardin_accessoires_montre_7.t_1024_0

    facebook
    instagram

    gaby

    SNSでは既に告知しておりますのでご存知の方々も多いと思いますが、明日8/31(土)12:00より店頭にてgabyを販売します。

    今回も人気のバターナイフ、フォークバングル、3連、2連ブレスレット、リング、ペンダントトップと言った非常に見応え十分な内容の入荷となっています。

    IMG_9796 IMG_9799 IMG_9801

    相変わらず多くのお問合せを日々いただいておりまして嬉しい限りなのですが、全ての方々に返信ができておりません。申し訳ありません。

     

    半世紀以上もの間に渡り、ジュエリーの製作を続けるgaby。

    ジュエリーの世界からのリタイアを希望している彼女は、本当はブランドを売却したり、後継者を探したりといったこともできるはず。

    そんな事には全く興味がない姿勢に、共感と尊敬の念を抱きます。

    無理を言って特別に製作してもらってるジュエリーだからこそ、大事に使ってくれる方々の手に届けたい。

    明日、彼女の想いに共感してくれる方々をお待ちしております。


    今回も入荷数が限られており早めの完売が予想されます。
    お探しの方はなるべく早めにご来店ください。

     

    以下注意事項をご確認ください。

    ※明日は店内が非常に混雑が予想されますので、お一人様づつ入店していただきます。
    入店までにお待たせしてしまう可能性がありますので、熱中症対策はくれぐれもよろしくお願いします。

    ※もしオープン前に並ばれる方は近隣の住民や店舗の方々に迷惑にならない様にVase壁面に順番にお並びください。
    並びながらの飲食、喫煙はご遠慮ください。

    ※お並びの順番に整理券をお渡しします。お待ちの方々は番号をお呼びしますので近くの木陰でお待ちください。

    ※お一人でも多くの方々にご購入いただきたいので、お一人様一点のみとさせて頂きます。

    ※大変申し訳ございませんが、多くのお問い合わせをいただいております関係でお問合せやご質問にはお応えできかねます。特に明日の営業中のお電話はご遠慮ください。

    ※通信販売、ONLINE SHOPでの販売はしておりません。

    ※お支払いは現金もしくはクレジットカードがご利用いただけます。

    ※お取り置き、入荷ご予約等はお受けしておりません。

    ※転売を目的とした購入はお断りしております。

    以上、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

     

    facebook
    instagram

    Gorsch the seamster

    しばらく更新を怠っていましたが、2019AWのコレクションの入荷がスタートしましたので改めて更新していきますのでこちらもよろしくお願いします。

     

    Vaseも早いもので13年。時代は変わり、ファッションの世界も急激に変化しているのを感じています。僕がこの世界に身を置くようになり既に25年(4半世紀)以上経ちますが、ここ数年は善くも悪くも異常なスピードで変化しているように思います。

    特に感じているのは、残念ながら物の良さだけで洋服が売れていく時代ではないと言う事。
    SNSやソーシャルメディアを上手く駆使して、戦略的にモノを売っている光景を良く目にして非常に残念に思います。

    そういう時代だからこそ良いものだけを提案できるVaseであり続けたいと思う今日この頃です。

     

    さて今日は、昨年のベルリン出張で初めて逢って先シーズンから展開をスタートしましたこちらのブランドを紹介したいと思います。

     

    【Gorsch the seamster】
    ゴーシュという名のとある仕立屋見習いの物語。
    ある日屋根裏で見つけた古びた足踏みミシンと仕立ての道具、そして3着のジャケット。
    ゴーシュは、今は亡き祖父が仕立屋だったことを知る。
    祖父の仕事姿を思い描き、それは憧れに変わり、そして同じ道を歩み始めた。
    腕はまだまだ未熟だが、仕立技術の向上のみならず、様々な異国に移り住み、異文化に触れ、感じたままにゴーシュらしい物作りに励む。
    故郷に想いを馳せ、いつの日かその地での物作りを通して、様々な国の人々に “Gorsch” を楽しんでもらいたい、そんな事を想いながら、世界のどこか片隅で日々腕を磨いている。
    このストーリーはノンフィクションです。
    67474046_2182987121827150_657838163380666368_n 67320479_2182987128493816_2775926462501355520_n 67343695_2182987168493812_8392489267456114688_n
    Gorsh the seamsterはメキシコ、ボリビア、NY、ロンドン、ベルリンなど様々な国に住み、非常にユニークな経歴を持つ鈴木詠一氏がデザインからパターン、縫製まで全て自分一人で手掛けるオーダーメイドブランド。


    氏はロンドンのセントラル・セント・マーチンズ在籍中からFRANK LEDERにアシスタントとして所属。

    同時にベルリンの老舗テーラーにて仕立ての腕を磨いた。
    そんな彼が生み出すGorschの世界観は完璧主義であり、オートクチュールの持つエレガントさも感じられる。


    1st deliveryのシャツが2型入荷しております。
    今後も別注のニットやパンツも入荷を予定しています。